誰もいない 家を売る

誰も住まなくなった家

21世紀の平均的な家族って、子供が自立したら、寂しい末路をたどることが多いですね。

 

昔なら3世代同居などありました。

 

でも私の場合は、大学卒業後は都会で働くことを選びましたので、家族は両親だけで暮らすようになりました。

 

それで子供が中学生くらいの時が我が家のピークでした。

 

 

更に父親が亡くなった後は家に母しか住んでいない状態になりました。

 

独り暮らしで10年も母は暮らしていましたが母が亡くなってからは誰も住んでいませんでした。

 

家財なども処分してしまうしか方法がないのですが、処分できない場合もあります。

 

若い人なら思い切って処分できるものですが息子さん世代とはいえ高年齢になるとだんだんこういった処分が難しくなります。

 

家を売らない人もいるみたいですし、売れないから売らない人もいるみたいです。

 

安くしか売れないのが現状みたいですが、思い切って処分する方が良いのではないかと私は思いました。

 

人生は諸行無常ですね。

 

レッツビギン、始めれば何とかなるのが人生です。

 

 


不動産の査定にも車買取のように一括査定があります。


不動産の査定でも直接に不動産屋さんに査定を申込むよりも良い方法だと思います。


一括査定のメリットは複数社に査定をしてもらうことで正確な情報が集まりやすいです。




この方法で複数社に査定をしてもらい、一社に絞る専任媒介契約をする人は多いです。



しかしながら、そのまま複数社に売り出しもお願いする一般媒介契約をする人も増えてきています。


私は一括査定の方法を選び家を高く売ることができました。


一括査定の体験談>>>

 

一括査定 イエウール

公式サイトはコチラ>>>