購入希望者との交渉

購入希望者 交渉

購入希望者が見つかれば交渉が始まります。

 

値引きなどで交渉する場合があります。

 

契約前の交渉が非常に重要な働きをします。

 

契約前の交渉を十分に行っておけばトラブルは基本的に発生しません。

 

ですから購入希望者との交渉を十分に行いましょう。

 

交渉時に気をつけたいのは当然ながら、誠実な交渉です。

 

それと決め事は文書にしておきましょう。

 

念書などを作成するのも良いことです。

 

不動産屋さんとも相談してトラブルの起こらないような情報公開を徹底しましょう。

 

不利なことは隠したくなるものですが、後からすぐにわかることなどは後日たいへんなことになるばあもあります。

 

不動産のトラブルはこういった隠し事が後からわかったりするようなことが原因で多くあります。

 

 


不動産の査定にも車買取のように一括査定があります。


不動産の査定でも直接に不動産屋さんに査定を申込むよりも良い方法だと思います。


一括査定のメリットは複数社に査定をしてもらうことで正確な情報が集まりやすいです。




この方法で複数社に査定をしてもらい、一社に絞る専任媒介契約をする人は多いです。



しかしながら、そのまま複数社に売り出しもお願いする一般媒介契約をする人も増えてきています。


私は一括査定の方法を選び家を高く売ることができました。


一括査定の体験談>>>

 

一括査定 イエウール

公式サイトはコチラ>>>