不動産 査定

不動産の査定

まず不動産会社に査定してもらい基準を決めることから始まるのが一般的です。

 

査定でおよその予測で売れそうな金額を査定してもらうのです。

 

不動産の査定は車に比べると正確な数字をだすことは非常に難しいです。

 

理由は、流動性が非常に低いからです。

 

圧倒的に車などの買取者に比べると制限事項が多いのです。

 

ですから非常に少ない機会の中で行われるのが不動産の査定だともいえます。

 

その為に査定の金額は参考程度に考えておくのが正しいとも言えます。

 

実際に売れる価格と査定価格は差があることは珍しいことではありません。

 

しかも高く売れる場合も低くしか売れない場合もあります。

 

査定の仕方は以下のようにいくつかの方法があります。

 

 

1 過去の類似の取引価格を参考にする方法です。
こちらの取引価格を参考にして違う点を考慮して査定します。

 

2 不動産の原価をもとに築年数などを考慮して査定価格を決めます。

 

 

査定の根拠のほとんどは実際にどのくらいで買う人がいるのかどうかが基準です。

 

 


不動産の査定にも車買取のように一括査定があります。


不動産の査定でも直接に不動産屋さんに査定を申込むよりも良い方法だと思います。


一括査定のメリットは複数社に査定をしてもらうことで正確な情報が集まりやすいです。




この方法で複数社に査定をしてもらい、一社に絞る専任媒介契約をする人は多いです。



しかしながら、そのまま複数社に売り出しもお願いする一般媒介契約をする人も増えてきています。


私は一括査定の方法を選び家を高く売ることができました。


一括査定の体験談>>>

 

一括査定 イエウール

公式サイトはコチラ>>>