家を売る時の仲介料金は?

家の仲介の報酬

 

家の仲介手数料の金額については、宅地建物取引業法で報酬の上限が定められています。
家の売主、買主の双方が仲介業者に下記手数料を上限に支払います。

 

売買価格 報酬額上限
200万円以下の部分 取引額の5%
200万超400万円以下の部分 取引額の4%
400万超えの部分 取引額の3%

報酬額には別途消費税

 

上記の表は報酬額の上限です。

 

具体例として2,000万円の物件の仲介手数料の上限は消費税も含めますと712,800円です。

 

計算式は(200万円×5パーセント)+(200万円×4パーセント)+(1600万円×3パーセント)=66万円

 

消費税が8パーセントの場合は
66万円×1.08=71.28万円

 

不動産の売買金額に対する手数料の上限(税込み8パーセントの場合)

100万円 54,000円
200万円 108,000円
300万円 151,200円
400万円 194,400円
500万円 226,800円
600万円 259,200円
700万円 291,600円
800万円 324,000円
900万円 356,400円
1000万円 388,800円
1200万円 453,600円
1400万円 518,400円
1600万円 583,200円
1800万円 648,000円
2000万円 712,800円
2500万円 874,800円
3000万円 1,036,800円

 


不動産の査定にも車買取のように一括査定があります。


不動産の査定でも直接に不動産屋さんに査定を申込むよりも良い方法だと思います。


一括査定のメリットは複数社に査定をしてもらうことで正確な情報が集まりやすいです。




この方法で複数社に査定をしてもらい、一社に絞る専任媒介契約をする人は多いです。



しかしながら、そのまま複数社に売り出しもお願いする一般媒介契約をする人も増えてきています。


私は一括査定の方法を選び家を高く売ることができました。


一括査定の体験談>>>

 

一括査定 イエウール

公式サイトはコチラ>>>