専任媒介 一般媒介

専任媒介と一般媒介

家を売る時に直面するのが仲介業者との契約を一般媒介契約にするのか専任媒介契約にするのかです。

 

仲介業者は専任媒介契約を希望するものです。

 

理由を聞くと誠心誠意をもって頑張る為には専任媒介契約が必要だということらしいです(^◇^)

 

 

売る側にとって一般媒介と専任媒介のどちらがよいのか?

 

いろいろと調べて見ましたが答えに正解はないみたいです。

 

どちらの意見もあるのですが私は一般媒介契約の方が好きです。

 

専任媒介にすると仲介業者の都合の良い考え方で売却されてしまうのではないかと思います。

 

 

私の場合は一般媒介だったので洗脳されそうになった時に他の仲介業者の意見が凄く参考になりました。

 

私の目的は家を高く売りたいということが一番でした。

 

それほど急いではいませんでした。

 

たいていの仲介業者は早く売りたいというのが本音ではないでしょうか。と思うのです。

 

自分が高く売るという目的をしっかりもっていないと仲介業者にうまく売却されてしまうのではないかとも思いました。

 

 


不動産の査定にも車買取のように一括査定があります。


不動産の査定でも直接に不動産屋さんに査定を申込むよりも良い方法だと思います。


一括査定のメリットは複数社に査定をしてもらうことで正確な情報が集まりやすいです。




この方法で複数社に査定をしてもらい、一社に絞る専任媒介契約をする人は多いです。



しかしながら、そのまま複数社に売り出しもお願いする一般媒介契約をする人も増えてきています。


私は一括査定の方法を選び家を高く売ることができました。


一括査定の体験談>>>

 

一括査定 イエウール

公式サイトはコチラ>>>