家を売る 税金

税金

家の売買は数十年の長期のスパンになる場合もありますが、短期の場合もあります。

 

結果的に家を売った時に利益が出ない場合は税金は発生しません。

 

家を売った時に利益が出た場合は所得税、住民税が発生します。

 

総合課税ではなく分離課税になります。

 

利益がでた時は確定申告の必要性があります。

 

 

しかしながら売買の利益が赤字なら税金は発生しません。

 

その場合は税務署から取引の問い合わせがあったりする場合もあります。

 

その時の為に家の売買で利益が出なかったことを証明しなければなりませんので取引の書類を置いておきましょう。

 

また古い記録になりますが家を購入した時の領収書など取引の書類も必要になります。

 

 

 


不動産の査定にも車買取のように一括査定があります。


不動産の査定でも直接に不動産屋さんに査定を申込むよりも良い方法だと思います。


一括査定のメリットは複数社に査定をしてもらうことで正確な情報が集まりやすいです。




この方法で複数社に査定をしてもらい、一社に絞る専任媒介契約をする人は多いです。



しかしながら、そのまま複数社に売り出しもお願いする一般媒介契約をする人も増えてきています。


私は一括査定の方法を選び家を高く売ることができました。


一括査定の体験談>>>

 

一括査定 イエウール

公式サイトはコチラ>>>