一般媒介契約と専任媒介契約の違い

一般媒介と専任媒介契約

実際に不動産を売る段階になると不動産仲介業者との間で契約を結ぶことになります。

 

その時に一般媒介契約と専任媒介契約のどちらかの契約をすることになります。

 

一般媒介契約は複数の仲介業者と契約することです。

 

一方の専任媒介契約は一社とだけ契約することです。

 

 

専任媒介の仲介業者は家の売主との仲介手数料だけは必ずもらうことができます。

 

そして家の買主を見つけることができれば買主の仲介手数料ももらえます。

 

当然ながら少なくとも仲介手数料の片側だけは確実な専任媒介契約は仲介業者には大人気です。

 

一般媒介なら頑張ったとしても1銭も入らない場合もありますので必然的にそうなるのも仕方がないでしょう。

 

 

どちらがよいのかというのは永遠に議論の余地があるのかもしれません。

 

一概には言えません。

 

ですが私は一般媒介契約の方が競争の原理をつかえるのではないかと思います。

 

ですから私は一般媒介契約の方が好きです。

 

実際に私の場合は一般媒介契約で高く売れました。

 

一般媒介契約で最初から4社のコンペを行いました。

 

それぞれの仲介業者の意見を聞きながらの競争で売ってもらったことは楽しくもありました(^◇^)

 

私はイエウールを使ってこれらの4社を集めることから始めました。

 

 


不動産の査定にも車買取のように一括査定があります。


不動産の査定でも直接に不動産屋さんに査定を申込むよりも良い方法だと思います。


一括査定のメリットは複数社に査定をしてもらうことで正確な情報が集まりやすいです。




この方法で複数社に査定をしてもらい、一社に絞る専任媒介契約をする人は多いです。



しかしながら、そのまま複数社に売り出しもお願いする一般媒介契約をする人も増えてきています。


私は一括査定の方法を選び家を高く売ることができました。


一括査定の体験談>>>

 

一括査定 イエウール

公式サイトはコチラ>>>