家を高く売る

家を高く売る

家を高く売るには当たり前かもしれませんが値段を下げないことです。

 

 

仲介業者から言われるままに値段を下げていけば、「簡単に売れる値段」は存在するからです。

 

そしてその値段は売れる可能性のある値段よりもかなり安い値段です。

 

安い値段で売らない為には一般媒介を利用して高めの売り出し価格で売ってもらうことです。

 

こうしておけば仲介業者も他社の存在もあるので売主に安易に「売れないからと値下げを要求」できませんからね。

 

専任媒介契約なら蟻地獄のように売れる値段までどんどん下がって、そして売れて終わりです。

 

 


不動産の査定にも車買取のように一括査定があります。


不動産の査定でも直接に不動産屋さんに査定を申込むよりも良い方法だと思います。


一括査定のメリットは複数社に査定をしてもらうことで正確な情報が集まりやすいです。




この方法で複数社に査定をしてもらい、一社に絞る専任媒介契約をする人は多いです。



しかしながら、そのまま複数社に売り出しもお願いする一般媒介契約をする人も増えてきています。


私は一括査定の方法を選び家を高く売ることができました。


一括査定の体験談>>>

 

一括査定 イエウール

公式サイトはコチラ>>>