家 高く売る方法

家を高く売る

 

東京狛江市の山本と申します。

 

江東区の印刷会社に勤める57歳の会社員です。

 

仙台にある実家のマンションは、一昨年に年老いた母を引き取ってからは誰も住んでいませんでした。

 

それで、そのマンションは早く売りたいと思うようになりました。

 

家を売った経験はなかったのですが車買取一括査定と同じだろうと思ってました。

 

 

私は「イエウール」という家の一括査定を使いマンションを売ることにしました。

 

査定を申込んだら、4社から連絡がありマンションの査定をしていただくことになりました。

 

査定をしてもらうことになったのは以下の4社でした。

 

会社(予想) 仲介業者と査定額
A社(◎)

大手不動産
信用できそうな営業マン
査定額 700万円

B社(○)

大手不動産
近隣で実績が多い
査定額 680万円

C社(▲)

地域密着型
フットワークが良さそな職人気質
査定額 650万円

D社(×)

地域密着型
チャラチャラした営業トークに不信感
査定額 600万円

 

家の査定は車の査定のように申込みのクリックと同時に電話が鳴るというほどのものではありません。

 

一番最初に連絡があったのも申込んでから30分後くらいでした。

 

 

遠く離れた仙台での査定の1日はけっこうたいへんな1日でした。

 

仙台のマンションで同じ日にそれぞれ営業マンに実際の査定をしてもらいました。

 

4社の査定でおおよその査定価格はわかりました。

 

700万円が最高値の査定価格でした。

 

マンションの査定は車のように直接買取るわけではないので、あくまで査定価格は参考価格であり査定価格で売れるように仲介業者として手伝ってくれるということでした。
基本的に仲介業者は売買の手数料収入がメインです。

 

しかしながら、マンションの査定価格というものは各社によりバラツキが大きいものだなと思いました。

 

一括査定 イエウール

公式サイトはコチラ>>>

 

最初は1社を選ぶ専任媒介契約にしようかとも思いましたが結局4社と一般媒介契約をすることにしました。

 

理由は各社の営業マンが自信たっぷりな人々だったので誰が売ってくれるのか知りたくなったからです。

 

最初の売り出し価格を私は750万円に決めましたが、4社とも750万円で売り出すことには同意してくれました(^◇^)

 

 

スタート後、最初に仕掛けてきたのがA社でした。

 

すぐに決まりそうだというので、話を聞くことにしましたが、何のことはない、かなり安い価格ですが現金で買う人が現れたというのです。

 

しかしながら業者の買取のようなレベルの安い価格です。

 

仮契約書まで用意していたので飽きれてしまいました。

 

おそらく提携会社で安く買い取ろうとしたのだと思います。

 

A社の狙いは最初からこれだけだったのかもしれません。

 

もちろん相手にしないで断りました。

 

一般媒介の売り出しの価格を無視するのかと思いました。

 

1ヶ月もするとそれぞれの営業マンの取り組みの温度差がわかるようになってきました。

 

A社とC社がもっと値下げをしないと売れないと言い出したのです。

 

ネチネチと同様な物件の売り出し価格を教えてくれました。

 

すでに、A社、C社にはやる気がないように感じました。

 

 

A社は第一印象も良く、大手の会社でトップセールスっぽい営業マンだし一番期待していただけにショックでした。

 

A社の営業マンは、振り返って考えるととんでもない営業マンでした。

 

仕事はできそうですが、私にとっては嫌な営業マンになってしまいました。

 

この時に私は気が付いたのですが仲介業者は高く売るよりも早く売りたいのです。

 

この時のA社の作戦に負けないで本当に良かったです。

 

 

それは、私がA社と専任媒介ではなく、一般媒介で契約してたからだと思ってます。

 

私はA社には見切りをつけて他のB社、C社、D社を頼ることができたことです。

 

もしこのA社だけとの専任媒介契約をしていたらこの企みで私は洗脳されて安く売却していたに違いありません。

 

本当に大損するところでした。

 

 

 

結局、最終的にD社の営業マンが少し値下げした時の段階で売ってくれました。

 

最初の査定でD社は大穴だと思っていただけに意外な結果でした。

 

最初の印象が悪かったD社でしたが担当の営業マンは実は兼任の社長だったこともわかり、途中で良い印象にかわりました。

 

何も文句は言わないで頑張ってくれたD社の社長が最後に決めてくれたのです(^◇^)

 

 

家のことですから不思議な縁も取引の成立には大きな要因でもあるのでしょう。

 

高く売るにはじっくりと待つ姿勢が重要だと思うのです。

 

その為には一般媒介契約で複数の不動産会社と連絡を取りながらじっくりと家を売ることだと私は思うのです。

 

実際にも不動産の売却は一般売却がよいか、専任売却が良いのかの話題はたくさんの意見が沢山あります。

 

どちらが良いのかは一概には言えないかもしれませんが。

 

私は今回の経験から圧倒的に一般媒介契約のほうが好きです。

 

 

一括査定 イエウール

公式サイトはコチラ>>>