ボクテが何かおかしい。

ボクテが小宮さんがデビューしたことで焦ってます。

真剣であればあるほど、辛い時期ですね。

ライバルが自分より優れていると分かった時はショックです。

素直に喜べるものではないかもしれませんね。

他の世界でも漫才などもそのようです。

最近はM-1やR-1 のようなコンテストが多いですが、同様ですね。

一発屋であれ、身近なライバルが幸運を掴もうとすると周りは穏やかではありません。

しかも、今の時代では、喜ろこんであげなくてはなりません。

ボクテの実家からタイムリミットの手紙が届き、余計に焦っているのでしょうね。

かわいそうに。

執念でボイラーを直しました。

お湯を使おうと思った時にお湯が出ませんでした。

エラーコードが11がでました。

メッセージはたしか燃焼装置が検知できませんでした。

あまり私には理解できないセンテンスでしたが、自分で調べて見ることにしました。

スイッチを入れると数分でエラーになり、ボイラーはストップします。

そして送風もストップです。

涼しい風が出るのですが熱風は出ません。

とりあえず燃料タンクを除いてみました。

灯油はあるみたいですが、とりあえず水抜きしました。

水が1リットルくらい出てきました。

灯油を10リッター入れて再起動してみました。

ですがやはり動きません。

さらに調べると燃料がボイラーの入口まで来てません。

タンクの出口を調べると灯油は出てきますのでトラブルは銅管にあると推測しました。

とりあえず出口まで灯油が来ないことには動きません。

丁度、新しい銅管がありましたので交換してみることにしました。

しかしながら灯油は出てきません。

灯油の灯油圧(水圧)の問題かも?

とりあえず、40リッター灯油を補給して圧を高めることにしました。

これで動くようになりました(^◇^)

何度か諦めそうになりましたが、諦めないで良かったです。

何ごとも執念が大事だと思いました。

カーシェアリング始めました。

初めてですがカーシェアリングを始めました。

自分の車は要らなくなるんでしょうか?

ただ、時間とお金が比例するので、貧乏性の私には借りてる間、気が気でなりませんでした。

自分の車ならゆっくりできるという感じを持ちました。

でも維持費がかからないのは良いですね。

特に月額固定費がかかるのは良くないですが私が入会した法人会員は月額固定費がかかりません。

これなら必要な時だけですから経済的ですね。

それで早速、試してみました。

先ずは時間前に予約して実際に利用してみました。

やはり、やってみると、できないことがありますね。

先ず、カードを翳してロックを開けるのですが、上手くいきませんでした。

この時には、早目に乗るには予約の変更が必要でした。

10分前には乗ることができるのですがそれ以上には乗ることができないみたいです。

これからは多めに予約しておいて時間前に行き、予約内容を変更して乗るというパターンが便利です。それで早めに車を返却すれば経済的ですね。

グーグルはインデックスが遅くなった見たいです。

2018年の3月くらいからインデックスが遅くなりましたね。

更には、新しいドメインの順位が上がらなくなりました。

自分だけかなと思ったけどそうでもないみたいです。

ただ、これはちょっと、やりにくいですね。

リズムが狂うということでしょうか。

とにかく、困ってます。

インデックスに10日くらいかかるのはどうもやりにくいです。

数秒で順位が付いた時もあるのに、今は全く遅いです。

信頼性の問題なのでしょうか。

ドメインエイジの復活でしょうかね。

「僕らの時代」は面白いですね。

日曜の朝は僕らの時代が面白いですね。

毎朝、見ています。

平日の朝の楽しみはラジオで5時から始まる小守さんの「朝からてんこ盛り」ですが日曜は「僕らの時代」です。

ところで前回はモーリさん、安藤さん、藤岡さんでした。

ディーン藤岡さんってあまり好きではなかったのですが、好きになりました。

彼って男前で万能なのですが、それが嫌でした。

でも彼の話を聞いていると、話をしたら好きになってしまいそうです。

生きる為の哲学も凄いんだなあと思いました。

あの安藤さんとも仲がいいみたいです。

モーリさんもいい人みたいですね。

まさに僕らの時代です。

日大元アメフット部員の「青春の蹉跌」記者会見




先日(5/22)の日大の日大アメフト元部員の記者会見には正直な若者の会見を感じました。

純粋な若者だからこその誠実な会見でした。

それに対して、これまでの加計問題、森友問題の喚問の不完全燃焼さとは対照的でした。

佐川氏、柳瀬氏が残りの人生に引きずっていくものに比べると将来のある若者だからこそ、本人の為にもやってよかった会見ではなかったのかなとも思いました。
彼なりに落とし前をつけたのだと思います。
宮川君は誠実な対応をしたのだと思いました。

アメフトのトップを走り続ける日大だから、ずるい手を使っても勝ちたいと監督達は思ってしまったのか。

そこが残念な思考であると感じました。

ネットの世界では「正直が最善」とはよく言われますが、日大の相手に対する陰湿さには驚いてしまいました。
怪我をさせたら得という発想は昔の時代の発想ですよね。

一昔前は、相手を蹴落とす時代もあったみたいですが、これからは共有の時代です。

明らかに時代遅れだとも思う。
こんな発想の首脳陣のいるなかで日大の選手たちは可哀想です。

今回の件も映像で取り上げられたことが、拡散した要因であることは間違いないと思う。

昔のように映像などが残らなければこれ程に大きなことにはならなかったでしょう。

古い時代の監督達首脳陣の大きな誤算でした。
ただ一人宮川君だけが、光っていたのは自分の過ちに対して記者会見を選んで誤ったこと、正直さ、純粋さなど誠実な対応をしたからでしょうね。
反則タックルの彼の判断は間違っていたかもしれませんが、やり直す事の大切さを教えてくれたように思います。

きっとやり直すことが、彼ならできると思います。

もし宮川君の会見が佐川氏、柳瀬氏の証人喚問の前に行われていたなら彼らも誠実な証人喚問、参考人招致をしたかもしれません。

この事件の共通点は、忖度であるところが非常に似ていますね。

そして若者が、今回の記者会見で、誠実な対応をしてくれたことが日本国民の心を動かそうとしているのではないでしょうか?

ネット時代は「正直が最善」なのです。




石原さとみに新恋人

石原さとみさんに山Pの後に新恋人ができたみたいです。

世の男がうらやむ恋人はIT企業の社長らしいです。

やはり、時代はITですね。

ところで何の会社か調べて見ました。

ショールーム株式会社と言うらしいです。

何をする会社かと言えばコンテンツを拝見しました。

詳しくは見ていないのですが、動画配信サービスみたいです。

誰もが主役になれるみたいなことが書いてありました。

詳しくはわからないのですが、ライブとか動画を配信できるみたいです。

これなら無名の新人でも発掘される可能性が大ですね。

昔なら駅前で歌ったりのストリートミュージシャンよりも可能性は段違いです。

また詳しいことが分かったら報告しますね。

鈴愛、助かるかも

秋風羽織自身がネームをレンジの中に置き忘れたことに気が付くことから今週は始まるみたいです。

鈴愛のせいでネームをなくしたわけでなかったことが分かりホッとしました。

ところで、ネームっていうんですね。

コンテンツの塊のようなもののことを。

今週も面白そうです。

楽しみにしてます。

すずめは漫画を辞めるのか?

今日は鈴愛は漫画を辞めることになリ、泊まるところもない状況になります。

えっ、豊川悦治も終わり?

連ドラはたいがい、ひんぱんに舞台が変わるので、今回も漫画の回は終わりなのでしょうかね。

でも、それはもったいない、面白くなってきたと思ってたのに。

美人の女性が紹介するトリバゴの気になるコマーシャル

ナタリー・エモンズさん、可愛いです。

昼の時間帯ですが、トリバゴのコマーシャルが凄く多いですね。

私自身、最近はホテルに泊まることはないのですが、だんだん気になってきました。

理由はコマーシャルの女性が日本語がうまい事と、すごく可愛いんです。

なんか好感が持てるんです。

何度も、何度もこの女性を見ていると親しみがわいてくるんです。

それで私もホテルを予約することにしました。

というわけにはいきませんが、今度ホテルに泊まる時には利用してみたいなと思っています。

つまり効果が大きいコマーシャルです。

それと、このコマーシャルを見る限りでは、かなり極限的にトリバゴがいいみたいに宣伝しています。

ちょっと自分でも調べて見ようと思っています。

ナタリー・エモンズさん、可愛いです。

鈴愛に炭水化物要員はないやろ

鈴愛が可愛そうです。

豊川悦治が鈴愛を「岐阜の山サル」と呼び、スタッフの緩衝として雇ったと暴言をはきました。

これは、人道的に大丈夫なのでしょうか?

NHKもけっこう大胆ですね。

ドラマとはいえ、岐阜の山猿とかメシアシとか、かなりひどいです。

でもドラマ自体は面白くなってきました。

とくに豊川悦治の役が実は大好きです。

面白い設定です。

好奇心は集中力から生まれる。

好奇心とか集中力など、あると飛躍的にパフォーマンスが伸びます。

つまり逆に言えば集中力のない人間が集中力なしに物事に取り組んでも面白い発見は皆無です。

そして、何も発見なしに終わってしまう。

これって残念ですね。

長良作業の弊害です。

楽しくないから「ながら作業」するのです。

集中してみたら。

集中することで、物事の機微も分かることで楽しいから面白いのです。

何ごとも真剣に集中することから始めるのです。

好奇心が大事です。

人間が生きていく上で重要だと思うことに好奇心があります。

何ごとも好奇心なくしてはありえないでしょう。

無意味な生活に感じるのは好奇心の欠如ではないでしょうか。

蝶を追いかけて気が付いたら山頂にってことがありますよね。

努力が努力でない場合はたいていが好奇心です。

もうちょっと、もうちょっとって気持ちが大事ですね。

生きることをゲームのように捉えるというのがコツかもしれません。

ゲーム感覚で集中するように自分を持っていくこと。

これができる人とできない人では成果に差が出るかもしれません。

常にこのようなことを考えるのが大事ですね。

クリックポストは164円で使える便利なサービス

ヤフオクで本や小物を売った場合にはクリックポストが便利です。

料金は全国一律164円で追跡サービスがあってポスト投函可能で郵便受けに配達してくれます。

サイズが驚きで厚さが3cmで横25㎝縦34㎝以内です。重量は1kg以内です。

支払がネットで決済できます。(ヤフーウォレットが支払いの窓口です。)

逆に言えば現金決済はできないみたいです。

使い方ですが、クリックポストの公式サイトにログインし送付先を入力します。

その後、送り先を自分のプリンターで印刷し、貼り付けそのままポストに投函して終わりです。

ついに秋風の弟子になりました。

今回は初めての状況シーンからです。

秋風のオフィスはとても東京らしい素晴らしい自宅兼仕事場でした。

鈴愛にオフィスを案内する井川遙かも微妙な演技です。

けっこう実は井川遙はいい人みたいですね。

ところで鈴愛の宿舎は秋風のオフィスとは裏腹にとても昭和そのもののアパート風でした。
もしかしてあの漫画家のモデルのアパートをイメージしているのかと思いました。

ところで豊悦は美少年に目がないみたいです。

ゲイなのかもしれません。

まあそんなんで東京暮らしの初日は終わろうとしています。

お父さんからの本棚もとどき、母からの1万円がとても嬉しい鈴愛でした。

勝った試合は疲れないものです。

本当にこれは感じますね。

勝ったらその余韻で一日は楽しく過ごせます。

夕食も美味しいし、寝る時はそのことを考えてぐっすり眠れますね。

物事は好き嫌いで、力の入り方が違うものです。

ですから、個人により、成功する事柄も違ってきて当然だと思うのです。

苦手なことには力が発揮できなくて、好きなことならば他人よりも熱心に頑張ることができるものなのだと思います。

上手く、この力を利用できる人が成功者なのだと思います。

ゲーム感覚で好きなことに集中すること。

集中力で持って何事もすること。

「楽しく作業ができれば既に成功したようなものだ。」

誰か西洋の偉人が言ってそうなことがらですね(^◇^)

ヤフオクの底力

ヤフオクで本が売れました。

しかも、最近の話題の本です。

定価1500円で買った本が1300円で落札されました。

凄いですね。ヤフオクは確かに送料を含めてまだ新品よりは安い計算です。

ですが、この落札額にはいろいろな動機があると思います。

例えば、熱くなって他に負けたくないからというのもあるでしょう。

評価をあげたいのもあるでしょう。

落札者が今現在、ヤフオクにはまっているのもあるかもしれません。

私も最後の時間が来たら、勝負していた時はありました。

出品者の思うつぼです。

しかしながら、高く買ってくれることは嬉しいことです(^◇^)

豊川悦治の秋風羽織に注目したい!

朝の連ドラが面白いです。

これから鈴愛が上京するということになります。

秋風羽織のアシスタントとしての社会人生活のスタートです。

早速、秋風先生の描いた絵に鈴愛が湯呑をひっくり返りました。

そそかっしいですね。

でも秋風羽織ほどの人が湯呑を絵の横にはおかんやろと華丸大吉も突っ込んでました。

プロはみんな同じ感想ですね(^◇^)

秋風羽織役の豊川悦治が面白いですね。

このキャスティングはいいわー。

今回の朝ドラも面白いですね。

やっぱ、原点はヤフオクだわ

ネットビジネスの原点は物販です。

ヤフオクやメルカリで物を売るのが初級です。

ヤフオクで物を売るのもいいでしょう。

ヤフオクはインターネットビジネスの原点です。

久しぶりにヤフオクに出品したら盛り上がってました。

こんなに、入札があるなんて思いませんでした。

楽天やamazonで購入するのが初めはいいかもしれません。

ネットビジネスの原点の原点としてamazonや楽天などのショッピング体験があるのではないかと思うのです。

ネットでの買い物に抵抗があった時代と比べると今はスマホが普及しています。

誰でもがスマホを使いこなす時代になりました。

イメージとしても友人のように隣にはスマホがいます。

そんなコマーシャルもありましたよね。

渡辺謙さんや瑛太の奥さんのコマーシャルとかです。

初めてのインターネットでの購入。

最近はネットの買い物も増えてきましたが、まだまだネットで物を買うのは不安って人におススメなのがamazonや楽天での購入です。

基本的に決済はamazonや楽天が行ってくれますので、ある意味、安心です。

ただアマゾンなんかのプライム会員などでもわかりますが時代は変わっていきます。
巨大企業のamazonだから安心と考え、うかうかしていると知らない間に使わない会員になり搾取されてるかもね。